GT Asia Round 10

image Chang INTERNATIONAL CIRCUIT[THAILAND]

チャーン・インターナショナルサーキット[タイ]

コース長4.554km、コーナー数12。国際自動車連盟(FIA)グレード1T取得コース。

 

GT3 Driver:八代公博/中村祐 YASHIRO/NAKAMURA

GTM Driver::Dylan Derdaele/国江仙嗣 DERDAELE/KUNIE

 

【10月24日(土)予選、Round 10】

天候:晴/ドライ

 

[予選1](15分間)

GT3:車両トラブルの為、出走できず。

GTM:*Pos 16 *PIC 4*Fastest 1:38.666 *Gap6.228 *Laps 5

・5周目99番 Aston Martin Vantage V12 GT3(CraftBamboo Racing)接触事故。予選途中終了。[DERDAELE]

−最高タイム− GTM:DERDAELE 4周目 1:38.666

 

[予選2] (15分間)

GT3:車両トラブルの為、出走できず。

GTM:*Pos 18 *PIC 5 *Fastest 1:40.186 *Gap7.623 *Laps 5

・予選1の車両修復が響き、5分遅れての予選参加。

−最高タイム− GTM:国江 3周目 1:40.380

 

[Race 1](60分間) ローリングスタート

GT3:DNS 車両トラブルの為、出走できず。

GTM:2位 *Pos 14 *PIC 2 *Gap 1:17.155 *Total time 1:02:45.612 *Fastest 1:38.502 *in 3 *Avg.speed 156.73

・ 24周目 3コーナースピン[KUNIE]

−最高タイム− GTM:DERDAELE 3周目 1:38.502/国江 24周目 1:43.106

 

 予選では3位のタイムをマークしたが、99番 Aston Martin Vantage V12 GT3(CraftBamboo Racing)との接触事故により、予選タイム抹消。最後尾からのスタートとなった。

 GTMクラス7位からのスタートとなったが、DERDAELEの懸命の追い上げにより3位まで浮上。国江氏にドライバー交代後、21周目には1位に浮上。

 しかし、23周目には追い上げられ、再び3位に後退。更に24周目に3コーナースピンをし、4位との差が縮まり絶体絶命状態に。

 その後も3位をキープし続け、レース終盤の34周目には2位を走行していた89番 Ferrari 458 Challenge(Singha Motorsport Team Thailand)がスピンを起こし後退。再び2位へ浮上し、そのまま順位をキープしチェッカー。 GTAsia Round10 GTMクラス準優勝となった。

 チャンピオン争いをしている23番 Audi R8 LMS Cup(Absolute Racing)は、レース中のスピンが影響し6位となり、残り1戦を残し、Gulf Racing JPが2位に2ポイント差をつけて、1位となった。


Translate »