ASIA PACIFIC 2017 D1 PRIMRING GRAND PRIX

ASIA PACIFIC 2017 D1 PRIMRING GRAND PRIX

9/15(金)~17(日)の三日間に渡りD1 CHINA 2017第3戦がロシアのウラジオストク・プリムリング・D1特設会場で開催されました。

 

【Result】

単⾛final 優勝

総合 4 位

【日比野哲也選手レポート】

9/15(金) 練習 (晴)

三回の練習予定でしたが、検で⼿間取り回の練習となりました。久しぶりのスープラなので、思い出しながら周を事にし、毎周セットを変えてりました。

9/16(土) final (晴)

今回のスケジュールは変則的でした。朝の練習が終わった後ロシア選⼿の追予選が始まり、⼣⽅になり単final が始まるというスケジュールでした。朝は気温がりやすいコンディションでしたが、単final の時には気温も低くなり路温度も低い、とても難しい状況でした。僕としては想定内でしたので、1 から攻めました!

1 98,81

2 99.42

優勝を決めました!!

9/17(日)  追 (晴)

練習では、トラブルもなく順調でした。ベスト16 はタイのS 選⼿

中国でも良いりをするので、ごたえのある追ができ勝利!ベスト8 では、ロシアのAvsharov K 選⼿

からのスタートで1コーナー進したところで後ろから突っ込まれ、そのまま弾かれてクラッシュ!!

前後の回りが損傷、パワーステアリングも損傷、バンパーもボロボロになりました。

いく修理ができないまま、Tomoe Battle⼀⼈⽬の相⼿D1 本番両を持ち込んでいた藤野選⼿

速いし上⼿い、少しの差で負けました。⼆⼈⽬の相⼿は、ロシアのNehay R ⼿。良い後追いと99 点台の先⾏⾛りがで

きて、勝ち上がり。三位決定戦は、同じくD1 本番両を持ち込んでいた川畑選⼿

りましたが、勝てませんでした… やはり、現役本番両はすごいポテンシャルでした。

僕+スープラのパッケージでは、僕の出来ること全て出せました。

勝負では負けましたが、ロシアでカッコイイりをせることができてスッキリしました。

来年は僕も現⾏本番⾞両で⾛り、優勝狙いたいです


Translate »