D1 CHINA 2017 合肥大会

D1 CHINA 2017 合肥大会

9/2(土)~3(日)の二日間に渡りD1 CHINA 2017第3戦が安徽省・合肥オリンピックスポーツセンター・D1特設会場で開催されました。

 

【Result】

単⾛final  優勝

総合    9 位

【日比野哲也選手レポート】

今回の会場は、北京オリンピックの競技がわれたスタジアム。芝の上にアスファルトを敷き詰めてコースにしてあり、初めての体験に気持ちはまっていました。

9/1(金) 練習 ()

でしたので、ウェット路での練習でした。

前回の上海会でエンジンブローしたマシンでしたので、エンジンチェックしながら回りもチェックする予定でした。しかし、特設スタジアムの路がところどころ剥がれてしまい、練習が中となりました。結局1度もれず、練習が終了となりました。

9/2(土) 予選、単final (曇→)

の補修が万全でない状態で、練習⾛⾏スタート。ほぼドライ路で練習ができました。

思っていたよりも路のグリップが低く、少ない⾛⾏の中でのセット出しに苦しみました。

【予選】

予選前からポツポツが降ってきて、練習の意味がない状態で本番へと。

刻々と量が増えていき、僕がいる最終組にはとても不利な場での⾛⾏となりました。なんとかミスなくりきることができました。

【単final

予選の時とほぼ同じコンディション。予選よりもきなラインでり、得点をゲットできました!

⼀⼈だけ95 点台を獲得し、単優勝できました!

前回の上海会でも単優勝できそうでしたので、今年の残り全部優勝狙いたいです。

9/3(日)  ()

よりもが強く、溜まりができるほどのコンディションでした。

ベスト16 の相⼿は、藤野選⼿。スタート付近の溜まりで、リアタイヤを必要以上に滑らせてしまい、後追いの距離を詰めれず敗退しました。

のセットがまだですが、トラブルがない状態でる事ができれば、追でも勝てるマシンに仕上がってきました。残り3戦ありますので、優勝狙います。

引き続き、応援をどうぞよろしくお願い致します。


Translate »