【決勝】2017 AUTOBACS SUPER GT Rd.1 岡山300kmレース

岡山国際サーキットコース長:3.703km
SUPER GT 第1戦が岡山国際サーキットにて行われました。

天候:曇り コース状況:ドライ

Aドライバー:ジョノ・レスター
Bドライバー:峰尾恭輔


GT 300クラス 決勝 3位


監督コメント

八代公博
「予選15位からレースをスタートし、とにかく挽回するという事でファーストドライバーのジョノがプッシュし、9位まで順位を上げ、峰尾に交代しました。
アウトラップは後続に二台つかれ、かなり苦しかったと思うけど、峰尾は耐えてくれました。そこから徐々に後続を引き離しプッシュしてゆき、最終的には3位。表彰台に登れました。
これもチームのスタッフ、メカニック、エンジニア、スポンサー様、そして、ヨコハマタイヤ様のお陰です。
ありがとうございました。
次戦の富士も頑張って参りますので、応援宜しくお願い致します。」

ドライバーコメント

ジョノ・レスター

「すごくアメージングな結果です。すごく嬉しいし、このチームで初めてのレースでポディウムにのれるなんて信じられない!チームのメンバー全員がミス無く自分の仕事をすることが出来たし、車の調子もバッチリ、SUPER GTというフィールドでのレースは凄い楽しかった。
応援をありがとうございました。
次の富士でもまたまた頑張ります!」

峰尾恭輔

「本当に今日までチームの皆さんが体制づくりを強化してくれました。
テストでも良いセッティングをつくるのに我儘を沢山聞いてくれて、徐々に順位も上がってきたし、今回も5,6位はいけると思って乗り込みました。
予選はジョノの前が詰まり中団に沈んでしまい、悔しさが残りましたが、その悔しさをバネに決勝レースに臨み、運良く表彰台に乗る事が出来ました。
表彰台に乗れることはとても大事ですし、僕も移籍して初めてのレースで表彰台に登れるということはとても嬉しいです。
周りのみんな、スタッフには感謝でいっぱいです。
今回はこの三位は嬉しいけど、次は三位では悔しさが残る。
次は一位を取り、取りこぼしがないように戦い、チャンピオンを取れるように頑張ります。」