SUPER GT 第7戦 10月8日 チャン・インターナショナル・サーキット

IMG_6643.JPGIMG_6626

2016 AUTOBACS SUPER GT Round7 BURIRAM SUPER GT RACE

チャン・インターナショナルサーキット[タイ]

コース長4.554km、コーナー数12。

国際自動車連盟(FIA)グレード1T取得コース。

【10月8日(土)予選、Round 7】

天候:曇/ドライ

2016年シーズンSUPER GT唯一の海外戦がタイ・ブリーラム県にあるチャン・ インターナショナル・サーキットにて開幕した。

コース長4.554km、コーナー数12。

複合コーナーが多く、ドライバーにとってチャレンジングなサーキットが戦いの舞台となる。

 

[Q1]15:00~15:15(15分間)

出走ドライバー:阪口良平

−Best Lap − 6周目 1:34.042

午前中は晴れ間が続いたが、予選前の通り雨によって気温30度、路面温度は40.2度のスタートとなった。

Q1のアタッカーを務めたのは、阪口良平。

阪口は計測6周目に朝の走行から大幅にタイムを縮め6周目1分34秒042をマークしたが、ポジションは18番手。 惜しくもQ2進出を逃したものの、14番手とのタイム差も0.306秒と、マシンのポテンシャルアップを示す内容となった。 明日はこのポジションから追い上げを誓い、300Km先のゴールを目指す。

ドライバーコメント

阪口良平

フリー走行で予定していたセット全ては試せなかったので、TEAMでデータを見て良いとこどりのセットを予選でブッツケにはなりますがTRYしました。 結果は18番手とQ2には行けませんでしたが、大幅にタイムUPは出来ました。ロングも良いタイムで走れそうなので明日の決勝が楽しみです。 まず日曜日朝のウォームUP走行から良い流れを作りたいですね。2人のドライバーを期待して下さい。